Pocket

アンブレラスカイをご紹介します

アンブレラスカイとは、ポルトガル中部の街アゲダ(Agueda)で、毎年夏に開催される芸術祭のイベントです。2012年から始まり、 7月に行われる「アゲダグエダ」芸術祭の一環として、空に傘を色取り取りの傘を敷きしめるのが有名です。もともとは商店街を歩く人や観光客向けに日射病や熱射病の対策として、日差しを避ける目的で導入されたとも言われています。日本国内でも、八ヶ岳アンブレラ・スカイや軽井沢アンブレラスカイを始め、国内でも2018年頃から、アンブレラ・スカイのイベントが開かれるようになりました。

さすがに、76歳のおばあちゃんがする設備ですから、「八ヶ岳アンブレラ・スカイや軽井沢アンブレラスカイ」と比較されても困っちゃいますが、逆に76歳のおばあちゃんがここまでやったのか、という怖いもの見たさはありませんか?

当観光農園の360°カメラ画像を紹介致します


当観光農園のYouTube動画を紹介致します

当園オーナーの「ガンバルばあちゃん」が一生懸命アピールしています!

Pocket