美味しいブルーベリー果実の見分け方と摘み取り方のコツ

Pocket

せっかく遠方からAWA-Blueberryファームまで来ていただくお客さまには、ほっぺたが落ちそうになるくらい甘くて美味しいブルーベリーを味わっていただきたいです。

完熟果実かそうでないかの見分け方が素早くできれば、摘み取り時間をより楽しい時間にできるとおもいます。

【コツ①果実の色・大きさ】
果実を付けている軸の付け根(実と軸の接続点)が黒く変色しているブルーベリー。こうなれば十分熟しています。
つまり、軸の付け根(果実と軸の接続点)まで黒く色づいているのが完熟のサインです。

下の画像はサザンハイブッシュ系の「クーパー」です。左側が果実の付け根画像です。上から下に行くにつれて軸の付け根が、濃い緑色⇒薄い緑色(判り難いですねごめんなさい)⇒薄い緑色の周囲が黒い輪になっている⇒真っ黒となっています。

一方右側の画像は左側の果実を裏返しました。見た目はほぼ同じですよね!

ブルーベリーは熟すにつれて果実が大きく、濃く(黒く)なっていきます。食べ頃になると、おしりの”星”も開いてきます。
より甘い果実を食べたい人は、果実が大きくふっくらとしていて、軸の付け根まで黒く色づいているものを選びましょう。
同じ枝、房でも一つ一つ完熟度が違います。しっかりと見極めましょう.

【コツ②果実の見た目】
果実の表面に白い粉がついているものもあります。
これは、熟してくると果実の乾燥を防ぐため、自然に分泌されるブルーム(果粉)と呼ばれるものです。
このブルームが多いほど甘いブルーベリーである証です。

【コツ③取り方】
収穫の仕方はとてもシンプルです。果実を優しく持ち上げるだけで、ポロッと摘みることができます。
逆に力を入れないと取れない果実は、まだしっかり熟していません。無理に摘もうとすると苗を傷つけてしまうので、他の熟した果実を探してみましょう。

以上3つのコツを実践してみてください。お父さんはお子さんやお母さんにこのコツを伝えながら摘み取りをすれば株が急上昇するかも?!ですね。

Follow me!

Pocket